社会課題に取り組む企業と学生がつながるSNS型プラットフォーム「エシカル就活ーETHICAL SHUKATSUー」をリリース

「社会課題解決のために、企業と将来世代が共創できる環境をつくる」ことをミッションに掲げる株式会社Allesgood(本社:東京都杉並区、代表取締役:勝見 仁泰)は、2021年5月18日に社会課題に取り組む企業と学生がつながるSNS型プラットフォーム「エシカル就活ーETHICAL SHUKATSUー」を開設いたしました。


「エシカル就活ーETHICAL SHUKATSUー」 https://ethicalcareerdesign.jp/


■開設背景

気候変動をはじめとする社会・環境課題の深刻度が増している現在、デジタルネイティブとも言われる、世界の情報に敏感なZ世代の若者を中心に、社会課題への関心が高まっています。株式会社Allesgoodは、人・地球環境・社会に配慮した就職活動「エシカル就活」という概念を考案し、社会課題に対して実践的に活動している学生と、社会課題に取り組む企業が出会う企業合同イベントを2020年より開催してまいりました。これまで学生総勢300名・企業6社が参加し、双方の満足度が非常に高かったこと、またSDGsやESG投資の普及に伴い、今後も社会課題を軸とした就職活動のニーズが高まると予想されることを受けて、今回「社会課題からつながる」ことに特化した就活プラットフォーム「エシカル就活」を立ち上げる運びになりました。


■「エシカル就活」の特徴

「エシカル就活」サイトでは、社会課題カテゴリーから企業を検索できるほか、企業が社会課題への取り組みの最新ニュースを投稿するメディア的機能、その記事に対する学生からの「いいね」・コメント機能が特徴となっています。また、企業は学生のプロフィールを閲覧し、ダイレクトスカウトを行うことができます。


1. 社会課題カテゴリーから企業を検索

既存の就活サイトの多くが「業界・職種・地域」でしか企業を検索できないのに対し、「エシカル就活」は「取り組んでいる社会課題」のカテゴリーから企業を検索することができます。また、企業は社会課題に対して取り組んでいる内容についてニュース記事形式で掲載することができ、透明性の高い情報開示と広報につながります。


2. 学生からの「いいね」・コメント機能

掲載企業の社会課題の取り組みのニュース記事に、「エシカル就活」ユーザーがSNS感覚で「いいね」やコメントでリアクションできます。学生ユーザーは気になる企業に直接アピールでき、企業は自社や取り組みに対する学生の関心度を測ることができます。


3. 企業から、気になる学生へのDM機能

企業は、自社の取り組みニュース記事に対して「いいね」・コメントしたユーザーの属性を閲覧でき、社会課題に関する活動内容・培ってきたスキルなどのプロフィールを見た上で学生にダイレクトメッセージを送ることができます。


■参加企業の声

株式会社丸井グループ HP:https://www.0101maruigroup.co.jp/

「私たちは、世界に存在するあらゆる二項対立を乗り越え、すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会の実現をめざしています。その実現のためには、次世代を担う将来世代の皆さまとともに取り組むことが不可欠です。『エシカル就活』という新たな場を通じて、同じ想いを持つ皆さまと出会えることを楽しみにしています。ビジネスを通じて社会課題の解決に取り組み、未来の「しあわせ」を共に創っていきましょう。」


株式会社メンバーズ HP:https://www.members.co.jp/

「これからの未来を担う若者が主体となり、『エシカル就活』として社会貢献軸で就職先を探す学生と社会課題の解決を目指す企業を繋ぐ取り組みを始められたことへ深く賛同しております。事業を通し持続可能な社会を目指すメンバーズとしましても、ひとりでも多くの社会課題解決軸でキャリアを考える方とお会いしたいと考えています。」


■エシカル就活アドバイザー



末吉里花氏(一般社団法人エシカル協会代表理事)

「エシカル就活をテーマにしているこの活動は、既存の就活のあり方を問うだけでなく、就活生とともに企業と手を携えながら社会を変えていくことを目的としているところが素晴らしい。私はエシカルな暮らしが幸せのものさしとなっている持続可能な社会を築く鍵を握っているのは、こうした若者たちだと思っている。彼らの声に耳を傾け、エシカルな社会を築くために共に動いていきたい。心からAllesgoodの活動を応援しています!」



辻井隆行氏(元パタゴニア日本支社長/ソーシャルビジネスコンサルタント)

「僕たちの社会は持続可能性という意味ではひどく不完全だ。SDGsは必要な目標だけれど、不完全さの裏返しでもある。その中で、社会課題に「本気で」取り組む企業との出会いを提供することは、本当に困難な仕事であるはずだ。でも、だからこそ、そのことに本気で取り組むアレスグッドを応援したいと心から思います。Progress Over Perfection. GO Allesgood.」



布柴達男氏(国際基督教大学 教授 生物学・環境研究メジャー担当/SDGs推進室長)

「ICUでは献学以来、SDGsの17の目標にも掲げられる様々な地球規模の課題をどこかの地域で起こっている自身と無関係の問題ではなく、自分とも繋がっている「自分ごと」と捉え、その問題解決に向けて何ができるかを考え、多様な人たちとの対話を通して知識や知恵を共有・統合し、解決に向けて行動に移していける人材の育成を目指してきました。また高等学校でも新学習指導要領のもと、SDGsやエシカル消費などが教科書に取り上げられ、また知識を学ぶだけではなく、様々な課題を主体的に探求し、対話し、学びを深め、自分たちにできることを考えようとする生徒が増えてきつつあります。

そのような若者とそれらの地球課題に本気で取り組む企業とのマッチングは、SDGsの目標を達成しさらにそれらが当たり前になる世の中を築くために、極めて価値のあるまた不可欠なアクションであると考え、アレスグッドの活動を心からサポートしたいと思っています。」


■会社概要

会社名 :株式会社Allesgood

代表者 :代表取締役CEO 勝見仁泰

設 立 :2020年11月11日

コーポレートサイト:https://www.allesgood.jp


■代表プロフィール

代表取締役CEO 勝見仁泰(かつみ きみひろ)

高千穂大学経営学部在学中。

高校時代に訪れた東南アジアで先進国と途上国の経済格差に関心を持ち、社会課題解決を志す。ドイツへビジネス留学を経験し、有機化粧品事業の立ち上げに従事。その後、パタゴニア、ソフトバンクなどでインターンを経験。既存の就活に対する疑問から「エシカル就活」を発案し、Allesgoodを創業。社会課題に取り組むエシカル企業と優秀な学生をつなげる採用プラットフォーム「エシカル就活ーETHICAL SHUKATSUー」を運営している。


■本プレスリリースについてのお問い合わせ先

お問い合わせ窓口:https://forms.gle/ZGNQpPn1eaFxgJ1w8


・現在、株式会社Allesgoodは「エシカル就活ーETHICAL SHUKATSUー」掲載企業を募集しています。ご興味をお持ちの企業の方は、あわせて上記お問い合わせ先にご連絡いただければと思います。


・「エシカル就活」は登録商標申請中です。


プレスリリースはこちら → https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000076773.html